■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
磯遊びで知っておきたい危険な貝。
もうすぐ我が家は盆休みです!

テンション上がります(^^♪

毎年この時期は連泊で遊びに行くので子供たちはめっちゃ楽しみにしてます。

今年はいつもいってる日本海側をやめ和歌山へ

海水浴&磯遊び&ホテル宿泊&キャンプと目白押し!


さて、磯遊びは危険がいっぱいです!

これまでもそれなりに気をつけてました。子供もいるし。


潮の干満に気を付ける。

岩場で怪我しやすい。

ウニ、クラゲに刺される。

オコゼ、カサゴにも注意。

などなど。

まー、子供もまだ小さいし、それほど大きい危険があるとこまで

泳いでいかへんし大丈夫やろ~

っと思ってたら!

意外な事実発見。っていうか教えてもらいました(^_^;)

今まで全然しらなかったんですが

「イモガイ」って貝がかなり危険なんですね!

ハブの毒くらい危険なやつがいるらしいです。

この貝に刺されて死亡する例もあるみたいです。





さてここから本題。

マリンアクアリストが磯で遊んでてマガキガイがおったら、

まぁ8割くらいの人は持って帰るんじゃないでしょうか?

ぼくなら絶対持って帰ります(^^♪

これが危ないんです!




この危険生物「イモガイ」。

なんとマガキガイにそっくりなんです!

世界で500種ほど、日本に120種ほど居てるらしいです。

基本的にみんな肉食で、ゴカイを食べるやつ、貝を食べるやつ

そして魚を食べるやつがいてるみたい。

こんな魚食性のやつを水槽に間違って入れたらえらいことになります。

神経毒をもってて、口みたいなとこから毒入りモリを発射。

魚食性のやつはそのまま魚を丸飲みにします 

その様子はこちら



この貝は、持って帰ろうと、採集時にポケットに入れると

刺されてえらいことになるってことと、

何事もなくイモガイって事を知らずに持って帰っても

大事な水槽の魚が餌食になるかも知れないという

二重のリスクをはらんでいます。

知らなかったら恐ろしすぎますね!



アンボイナってやつが一番やばいらしいけど

この貝の仲間が和歌山にも居てるんです。

和歌山の「紀伊民放」によると

「毒貝として有名なイモガイの仲間「タガヤサンミナシガイ」が和歌山県白浜町臨海の海岸で捕獲された。見つけた京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(56)は「刺されると死ぬ可能性もある。見つけても素手で触らないように」と呼び掛けている。京都大学白浜水族館で飼育展示を始めた。」

と書かれていました。

こわ!

でも、何も知らず似たような貝すべてにビビって

子供らに「触ったらあカーン!」

とか言ってるだけだと頼れるお父さんにはなれません(^-^)

安全なマガキガイとの区別ができるように色々調べてみました。

間違ってたらご指摘お願いします




まず、一つの特徴としてマガキガイが目を出すところに

区別のポイントがあるようです。

マガキガイのこの部分


IMG_3962.jpg





内側からみたらここ

IMG_3957.jpg




マガキガイはこの部分が目の出しやすいようにかは分りませんが、

貝がめくれた形になってます。

イモガイにはこのめくれた形がなくまっすぐな形状のようです。

以下和歌山にいてるイモガイ。(見比べるところは緑の矢印です)


記事にあった タガヤサンミナシガイ

タガヤサンミナシガイ



キラベッコウイモ

和歌山キラベッコウイモ


サザンカイモ

和歌山サザンカイモ


ワカヤマイモ

和歌山ワカヤマイモ

うんうん、確かに全部まっすぐや!



あと見分けるポイントが足の部分にもあるみたい。

マガキガイのこのピンクの矢印の部分。

IMG_3960.jpg


イモガイはこの蓋みたいなところがめっちゃ小さいらしいです。

ちなみにマガキガイのこの蓋は蓋だけでみたらこんなん


IMG_3961.jpg




ぎざぎざですね~。

この部分を使ってマガキガイが起き上ろうとするところが、

剣を振り回しているみたいに見えるからって

チャンバラ貝って呼ぶとこもあるみたいですね~♪

とまー、区別のポイントを色々調べてみましたが

分からなければ、

マガキガイはショップで買うのがベスト!

ってことですね(^v^)



和歌山にいるすべてのイモガイの毒の強さがどれほどのものなのかは

残念ながら分かりませんでした。



でも、これである程度は見分けれると思うので、

注意の仕方が何も知らないよりかは随分違うはず♪

しかし頼れるお父さんへの道のりは長いなぁ…。



にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
| 01:47:10 | トラックバック(0) | コメント(10)
超激安なマガキガイ。
こないだ行った和歌山旅行の時に

帰りに立ち寄った「とれとれ市場」に食べ物として売ってました。

採取しなくてもここで手に入るんや~って思いながら見てました。

ひと盛り軽く30匹は居てます(~o~)

IMG_3993.jpg


採れたて?新鮮?マガキガイ!

ちゃんと生きてましたよ(^^;)









価格がびっくり\(◎o◎)/!

IMG_3992.jpg

ひと盛り1000円!

一匹30円くらいしかしないやん(^v^)

近くの海水魚ショップだと30匹まとめ買いで6800円やったから

そのお得さはハンパないですねー。

名前がツメバイガイって書いてて、マガキガイとは書いてないけど

カッコしてカタナ貝、チャンバラ貝、ピンピン貝て書いてるから

間違いないですよね。

こんなにいらないから買わなかったけど、

半分食べて、半分水槽に入れても良かったかな(^_^;)

かなり美味しいって聞いたけどホントかな?







あと、これも名前撮るの忘れてたけどシッタカ風な気がする。

食べて良し、飼ってよしなら買えばよかったなぁ~。


IMG_3994.jpg




怖い怖いイモガイと区別しながら採集するより

こっちの方が断然確実!

今和歌山のふじさーーーん!!買ってきてーーー(^o^)丿

| 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(8)
ハネモとシアバク対策。
うちの水槽、トロロ藻とハネモがすごいんです。

毎週かなりの量を刈り取るんですが、1週間経つとあっという間に増えちゃいます。

この季節になると水槽の中に太陽光が差しこむのでその影響もかなり大きいみたい(-_-;)

さらに、しばらく出てなかったシアノバクテリアがまた湧いて出てきました。

また知らん間に無くなるとは思うんですけど、

このハネモとシアバクの両方を食べてくれると言う噂のタツナミガイをゲットしてきました。

IMG_6753.jpg
前からタツナミガイの食性のことはネットで見たりして知ってたので、

たまたまアクアテイーラーズさんに1匹だけ在庫があったんで即ゲットしました。

カイといってもアメフラシの近縁で夜行性らしいです。

ムニュムニュするんかな?と思ってちょっと触ってみたら意外と硬かった。

大きさも結構あります。↓
IMG_6754.jpg
指と比べるとこんな感じ。

10cmくらいあります。



水合わせ後、うちのハネモ畑の上に放してみました↓
IMG_6757.jpg
ほとんど動きません^^;

顔がカバみたいです。バカじゃなくカバ(^v^)

ちょっとこっち向いてくれたのでパシャリ↓
IMG_6758.jpg
ムーミンとかそんな感じ。

体を圧迫すると紫の液体を吐くらしい。それは勘弁してほしい。



後ろからみたらお尻らしきところに突起があります。

IMG_6755.jpg

かなりグロテスクな感じの生物ですが今後どうなるか楽しみです(^^♪



あと、メイン水槽に放したニシキヤッコのベビーがストレスからか

リムフォらしきものが付着してました。(>_<)

IMG_6713.jpg
矢印の先の白い塊。

画像はボケてますが肉眼だとしっかりそれと分かります。


で、かなり久し振りに↓
IMG_6759.jpg
ホンソメワケベラげっと。

水槽に入れたら何故かバートレットに執拗に突かれてビビって出てこなくなりました。

翌日の朝にみたら元気に泳いでいたので一安心。

しかし、クリーナーなのになんで突かれるんでしょ???



まーしかし、しっかりクリーニングたのむで!(^-^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村



| 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(6)
まさかの白化とタツナミガイ。
前記事で「ハネモとシアバク対策。」ってタツナミガイの事をはりきって書きましたが

その3日後↓
IMG_6796.jpg
~ん!

なにこれ!?っと思ったらタツナミガイの死骸でした orz

水合わせに失敗したのか原因不明です。

しかし、この死骸の臭いこと!

悪臭通り越してもう一歩先の領域にいってましたよ(=_=)

たぶん水槽導入後翌日には死んでて丸二日かけて腐っていったんだと思う。

くっせー!!!!とか言って処分しながらphモニターをふと見ると

IMG_6833.jpg
イエ―――い!やったぜスリーセブン♪

…ってちゃう!

なにこの数値! 低すぎやん!

中を見ると

IMG_6797.jpg
以前部分的に白化したもののその後なんともなかったとらちゃん産のミドリイシ部分白化。

ポキッとしたものの翌日あえなく全白化(>_<)

ほかにも↓
IMG_6815.jpg
買ったばかりのツツハナまでも!

翌日、白化部分の根元をアロンアルファで固めまくったら白化はなんとかそこで止まってくれました(~o~)

この他に、ミドリイシが2つダメになってしまいました(ーー;)

こんなに一気に来たの初めてです。

やっぱり貝が腐ったのがアカンかったんかなー?とか思いながら久々にKHを測ると

なんと12まで上がってた!

普段は7~8なんでこれは大変!

この時ハっと思い出したんですが、タツナミガイ入れる頃、

KHがやや下がり気味やったからCO2の量を少し増やしてそのまま放置してました orz

初歩的ミス!!ガーーン!

ショックはショックだけど原因が分かったからOKとしよう。

んで、気を取り直してまたタツナミガイを1匹買ってきました。

今度は水合わせも慎重に導入。

数日たっても生存を確認。

今度は大丈夫でした(^^♪

んで、やっとシアバク食べてるところを目撃しました。

あわてて動画を撮ったのですが、ちゃんと飲み込むところが撮れませんでした(^_^;)

でもまーこんな感じで食べるんで興味のある方はどうぞ!(ちょっとグロいのであしからず)




タツナミガイが通ったあとのシアバク畑はえぐれておりました。

IMG_6822.jpg


通ったから剥がれただけちゃうの?という冷めた見かたをしてはいけません!

それもある!それもあるけど、食べたのもある!

そう言う事です(^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村





| 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。