■カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウミキノコを切って増やす。
海水魚飼育をする以前、サンゴと言えばエダのような硬いものが海の中に広がっていくもん、くらいにしか知識がありませんでした。
 でも実際はいろんな種類、色、硬いのやら、柔らかいのやらがあって水槽の中でどんどん成長していく。本当に生き物なんだということを飼い始めてから初めて認識しました。
 で、私のお気に入りのサンゴを一つ紹介。

水槽に入れてすぐのウミキノコ
上の写真の真ん中あたりに見えてる「はんぺん」みたいなのがウミキノコというサンゴです。これが落ち着くと

ポリプの開いたウミキノコ
こんな風にめっちゃ綺麗に咲いてくれます。


いつも購読している「コーラルフィッシュ」という本に、ウミキノコは簡単に切って増やすことがで出来るサンゴだと書かれていた。
もし死んでしまったら、と考えるとずっと出来ないでいたのだが、きれいなサンゴを買わなくても、家の水槽で増やせるなら素敵なことだ!と、このたび意を決して

根本から切ってしまったウミキノコ

ぎゃー!やってもたー!大丈夫なのか?このキノコ。
どれがウミキノコかわかるかな?画像の真ん中にある白っぽい丸いやつ。これがウミキノコのカット後です。


おもいっきりカッターで切ってしまいました。まな板の上で。 感触はエリンギを切る感じかな。大量の海水がキノコの中から出てきてキッチンがびしょぬれになった。
後で調べると茎の部分を切るとダメージが大きいらしく、普通はキノコの傘の部分を切るほうが良かったらしい。そんなことも知らず一刀両断、輪切りにしてしまった。

切った時は傘の部分のすぐ下で切ったので長い茎が残るはずだったのに、すっかり委縮してしまってこんなに小さくなってしまいました。切った片割れの傘のほうは、次の日にはポリプを出して元のように元気になっていました。
茎部分は、今は縮んでいますが、溶けてしまわないよう目を光らせていきます。早くポリプが出てきたらいいなあ。


スポンサーサイト
サンゴ | 20:28:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
無理かな?いけるかな?いけるんちゃう?
我が家の水槽には以前からクイーン、フレーム、マルチカラーと3匹のヤッコがいます。
クイーン フレーム
(マルチカラーはいつもフレームに追われているので動きが早すぎ撮れませんでした。携帯で撮るのには限界がありますね)


ですので、今までSHOPに行ってもLPSははっきり言ってじっくりと見ることは少なかったんです。
が、なぜか今回は目にとまり、スキマーを買ったばっかりやから出してはいけないのに、「物欲」がまたワラワラと全身を包みはじめました。

そのLPSとは「ハナガタサンゴ」です。それもスーパーレッドと書かれていました。色鮮やかな販売水槽の中でもひときわキレイに輝いていました。
SHOPはいつものアクアテーラーズさんです。店員のSさんが「こんばんは!これいいですよー」と声を掛けてくれます。来た!悪魔の囁きや!聞いてはいけない!

この日の私は、家にいるイバラタツの活餌だけを買いに行ったはずだったんです。でもいつの間にかハナガタサンゴの飼い方を聞いてしまっている。魅力を教えてもらっている!
それでも、やっぱりうちにはヤッコがいるから無理でしょうね、と尋ねると、答えは「個体差はあるけどヤッコはほぼ突つきに来ますね~。オオバナとかよりはマシですけど…」普通ならここでやっぱりね、となるんですけどその時の私は無敵の「物欲」をまとっているので超ポジティブです!
「個体差?じゃーうちのは大丈夫なんちゃう?オオバナはダメなんやな、オオバナは!」と心の声。
悩むこと数十分、今度は店員のN君が「悩んでるときが一番楽しいですよね~、でも今日なら10%オフですよ~」と波状攻撃。あーもうだめ。




あーあ、やっちゃった。
また買ってしまった。
ヤッコもいるのに。つぎの小遣いまであと3週間もあるのに…。
      ハナガタサンゴ全体     ハナガタサンゴアップ

持ち帰ってさっそく水槽に入れると、あーやっぱり!クイーンが興味しんしんです。
近くまでスイーっと来て、じーと見てたりするんですが今のとこ口を付けないので、とりあえず晩御飯を食べてからどこに配置するか考えようと置いておきました。
そして晩御飯の後、水槽を見るとガーン (゜o゜) クイーンが突いています!むしり取るようなしぐさではないので食べていたのかはわかりませんが、とりあえず突っついとけって感じでした。

これは非常にやばいので即隔離BOXへ収容しました。この隔離BOXには他にもクイーンが突いて剥がれ落ちたバラバラのマメスナ3種類も入っています。
 これで確実にセカンドタンクへの道のりは短くなりました。






サンゴ | 22:18:54 | トラックバック(0) | コメント(12)
カットしたウミキノコのその後
この前、ウミキノコを切って増やそうとしてから約3週間が過ぎました。
いつまでたっても切り口からポリプが出て来る気配もなく、しまいにはコケに覆われだし、ヤエヤマギンポさんに表面をぱくっとされたりしてたので心配してたんですが、なんと脱皮をしました♪

皮がめくれたらもう「切り口」という雰囲気ではなく小キノコの姿になっていました♪円の直径は3~4cmくらいの可愛らしいウミキノコの誕生です(^^)v あー溶けなくてよかった!
現在は↓

ウミキノコのその後

と、元気に復活(^.^) 株分け成功です!このウミキノコはポリプは白っぽいのですが、基部は蛍光グリーンで夜間ブルーLED照らされると、とてもきれいで気に入ってるやつです。買った時は全部白だったのに、うちに来てから色がつきました。

元の傘の部分はどんどん大きくなってるのでまた近いうちに、今度はダメージの少ない傘の部分を切って増やそうかと思っています。(というか、小さいやつがたくさんあるほうが好きなので、あまりすぐ大きくなって欲しくないんです)

話は変わりますが、これも一応海水魚ネタなのでちょっと紹介。
この前久しぶりに高校の時の友人と飲みに行った「愉快酒場」という飲み屋さんでそれに出会いました!
ビールにも焼酎にもお酒にも合います!美味です♪
紹介します「サメ軟骨の梅肉和え」です(^v^)

サメ軟骨の梅肉和え
ここの店長が一緒に行った友人の友人でとても良くしていただきました。というのも、この日私はこのサメ軟骨にすっかりはまってしまって、こればっかり注文していて絶賛していたからかなのか、帰りに店長がタッパに入れて結構な量を分けてくれたんです!
ええー店長や♪ありがとーまた行くねー。

触感は軟骨なのでやはりコリコリしています。コラーゲンたっぷりです!
薬味と梅肉がええ感じにからまって絶妙でした!サメ飼おっかな?

サンゴ | 20:56:21 | トラックバック(0) | コメント(7)
タツへの給餌がハナガタサンゴを刺激する
この前水槽に入れたハナガタサンゴですが、クイーンに突かれるので隔離ケースへ入れてました。
でも先日完成したリフジ水槽が、前より底面積がかなり大きくなったのでそこへ収容し、現在タツと同居中です。(右奥の赤いのがハナガタです)
このサンゴ、ほんまに楽しいです♪


リフジ全景   リフジ全景アップ


前リフジ水槽はタツが泳ぐことすら困難な狭さでしたが、水量が約3倍弱になったのでタツも元気にスイスイっと泳いでいます。(^v^)
この写真を撮った時は月に1度の活餌エビを入れたので、タツ2匹とも下ばっかり見てます。


普段は1日に朝晩の2回、冷凍餌をタツに与えているのですが、この時の匂いに刺激され、ハナガタサンゴがいつもは見れないような姿になってしまいます。私はプニュプニュ系のLPSを飼育するのは初めてなので、この姿には最初びっくりしました。(゜o゜)  ベロ~~んって。
こーなるとまるでイソギンチャクですね!せっかくの赤い色のところがみるみるめくれあがってしまいます。

ハナガタの給餌

こんなにも口あったんかー!ってくらいあっちこっちに口があります。
このサンゴ、定期的に給仕するのが良いと本にも書いてありますが、食べすぎるとまずいのでしょうか?
でも冷凍餌流すと勝手に触手にひっついて取り込んじゃうんです。
ハナガタは育てている感がたっぷり感じれる面白いサンゴですね。



サンゴ | 19:35:54 | トラックバック(0) | コメント(15)
これは、なにサンゴなのか?
以前SHOPで、何か分からないけど980円だったので買ったサンゴがあります。
買った時からこんな感じで、最近では、この画像だとちょっと見えているヒラヒラも見えなくなってました。
不明サンゴ

開くこともなくあきらめていたのですが、
人工海水を変えたからか、スキマーを変えたからか、還元ろ過BOXが働いているからか
初めてこんな風に開くようになりました。
不明サンゴ3

(P-aさん、前に言ってた、人工海水の話の時の開いたヤツってこれのことです(^^)v)

『追記 ★このサンゴの特徴★』
ハナガサのような骨格があります。でもハナガサのように揺らめくようなポリプではなく
骨格からすぐ花が開いているような感じです。一つの花の大きさは5mmほど、そこから出てる
ポリプの数は、小さすぎて正確に数えることが出来ないのですが、20以上あると思います。
水流のあまり無い場所で開いています。


結局、開いても何サンゴなのか分かりません。薄いブルーグリーンのような色です。
この色が繊細できれかったので、何も聞かずに買ってしまったんです。
でも、今まで開かなかったサンゴが開くのは明らかに水槽内の何かが良くなってるってことです。(よね?)
そう思うと、なんかテンションあがります!(^^)!

で、このサンゴの上に生えているウミキノコなんですが、幹が伸びすぎて上にあったLRに活着していまいた。(カモミロさん、これです!幹伸び放題のヤツです)
不明サンゴ2

先日、その活着したLRが少しズリッと動いてしまい幹がひねられてしまったんですが、以来いじけてしまってポリプを出さなくなりました。
ので、チョキン!
またやってしまいました。禁断の幹からの株分け。これは残された幹にダメージが大きく、復活するか微妙ですがこれから見守ります。(即行動してしまい、写真を撮るのを忘れていました)

でも。以前の株分けした幹側のウミキノコ
キノコ株分け成功
2次ポリプも開き、完全に成功です(^v^)
そういえばカモミロさん、私の株分けの結果見届けてから株分けするとか。
見届けてくれましたか?いっときましょー(*^^)v




サンゴ | 19:31:26 | トラックバック(0) | コメント(14)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。