■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タツ専用なんちゃってリフジウムをバージョンアップ!
先日、イバラタツ♂が新しくタンクメイトになり、♀がやたらしつこく♂の顔を見ようと追いかけていることを書きました。

今思えばあれは、イバラタツ♀ちゃんにとって衝撃の「ひと目惚れ」だったんだね。たぶん。
というのも、じつは購入翌日の夜、仕事から帰っきて、タツ水槽を見ると何やらオレンジ色のものが…


タツの卵

なんと!卵?ではない、稚魚が底砂の上に散らばっていたんです(+o+)
オレンジの大きさは1mmほど、その上にちりめんじゃこのような小さい魚みたいなのがひっついています。
こんなの初めてで分からないのですが、これタツのものですよね?(この水槽タツ以外魚はいません)
昨日初めて会ったばっかりですよ、この2匹は!なんてハレンチな!

 何匹かは生きていたのですが、よく見ると活餌として入れていたモエビに混じっていたイッテンコテナガエビ君が奥に持って行って食べています。
あー。なんてこったー(>_<)   
もっと早く立派なタツ水槽を用意できてたらこんなことにはならなかったのに。(T_T)

タツにとって春は繁殖期らしく、その時の繁殖行動は、水中で上下に浮き沈みしながらメスがオスのおなかの袋に産卵するらしいのです。ですので、水深の浅い水槽だとうまくオスの袋に産み付けることができないのです。浮き沈みしながらってのがポイントなんです。
繁殖が終わるとオスがおなかの袋の中の子たちを大事に育てます。ですので、袋の付いているほうがメスと思われがちなんですが、実際はオスに袋が付いています。

で、立派な水槽をまだ買ってやるわけにもいかないので、こうなったら自作で今の「なんちゃってリフジ水槽」をバージョンアップしよ! ということで早速材料購入しました。しめて全部で2000円くらい。

材料  びっくり中敷き付
今回のプラスチックケースは昆虫用で、なぜか中敷きが入っておりまして、これに一目惚れしました。
3段階に内部を仕切ることができます。前にタツ夫妻(もう二人を認めてやるしかないです)、後ろに海草と分けて入れることができます。
容量は12リットルと結構な水量がかせげます。メーカーはアクアメーカーのニッソーでした。

そしてサイドフロー加工、ポンプからの吐出パイプ曲げ加工をします。
サイドフローの穴   パイプ曲げ
「加工」とか言ってますが、穴あけただけ、パイプは熱して曲げただけ。
この吐出パイプはちょっと悩みました。

タツ用揚水パイプ配置
こうやって引っかけてるだけだと水圧がかかった時にパイプが暴れる可能性もあるし、水面までの距離があるから水が跳ねそうなのです。しかたがないから

吐水パイプ
めんどくさいけど、もうひとつ穴あけて差し込みました。あとはバスコークで軽く防水処理だけしておきます。

そして、いいのか?本当に?これで?という思いは横に置いておき
「タツ専用なんちゃってリフジウムセカンドタンク」2nd!  (ややこしい(^_^;))
これで完成でーす!(*^^)v



セカンドタンクVer.2

さーどうなることやら。






スポンサーサイト
タツノオトシゴ | 20:01:40 | トラックバック(0) | コメント(10)
勝手に増えるのが理想
以前イバラタツのオスを買ったことを記事にしましたが、早いものでもう1か月経ちました。(^^♪
このタツのオス、私はてっきりメスと同じくブリードものだと思っていたのですが、あとでSHOPで聞いてびっくり天然物だったんです!
そんなこと最初に聞いとけよって感じなのですが、あの時は入荷があったことに興奮して、何も気にせず買いに行ってました。それに何より、最初から冷凍のホワイトシュリンプを食べていたので、すっかりブリードだと思っていました。
 普通であれば、イバラタツを冷凍餌に餌付けるのはかなり根気がいるらしいです。
冷凍さえ食べてくれたら飼育が楽になるのにーと思っている人が多いみたいです。だからSHOPでこの事を言うと、めちゃくちゃ運がいいですねー、と言われたぐらいです(^^)v

そんなこんなで、餌付けの苦労を知らないまま天然イバラタツを飼っていたのですが、最近餌の食べる量が少なくなりやせてきてるんです。(+o+)
目の前にスポイトで餌を流してやっても、後ろからシュパーとやってきたイバラタツメスに頭を踏まれ、しっぽで首を絞められ、のたうちまわってる間に餌を奪われてしまいます。初めてこのオスが来た時のメスの態度と今は全然違います。今ではメスにとってこのオスは止まり木がわりの存在です。かわいそー(;_;)

「食べよっかな~どうしよっかな~」と、じっと餌を見つめて考えてる時間が長すぎて、活餌の生き残りである餌エビにすら冷凍餌を奪われる始末です。その優柔不断さに正直見ててイラっとするくらいです。
 こんなタツ♂を不憫に思い、5月の初旬にシュリンプさんからノーメンテのヨコエビ2パックとノーメンテのコペポーダ2パックを買いました。海水魚を飼い始めて、始めての通販ご利用です!

ヨコエビパック

じゃーん!
赤い海藻の下に見えるワラワラは全てヨコエビです♪もちろん袋の中で泳ぎまくっているのも一杯いてるのですが動きが早すぎて写ってません(ToT)
でもすんごい量です!みんな生きてます!ヨコエビ以外にも、何か分からんめっちゃ小さいのがピコピコ動いてます!
感動しました!感動したんですが、早くしないと死んじゃうんじゃないかとすっごいあせりました。あせって無我夢中で、これ以外にヨコエビの写真を撮るの忘れていました^^;

このヨコエビは網で一生懸命すくってタツ専用リフジ水槽に入れました、が、ヨコエビ結構速くて優柔不断なタツ♂はあまり食べてる様子は無かったです(ToT)

コペポーダはメインポンプを止めてメイン水槽へジャボン!コペコぺ動いているので食欲を刺激されたか、カクレとかヤッコが狂ったように食いついていました!同じ理由で写真はありません!すいません、家族で「すんげ~」って見てました<(_ _)>

優柔不断でクールなタツ♂は、態度には表わしませんが、喜んでくれていたはずです。(夜な夜なつまんでいるはず)
生き残りのヨコエビはタツから逃れウミブドウ畑で未だにワラワラしています。

ウミブドウ
(リフジ水槽を上から見たところ。仕切りの奥がウミブドウ畑です。)

なにやら小さな生き物もリフジ内でピコピコ動いてます。どんどん増えていってほしいです(^.^) 
タツ用自給自足水槽を目指しています!そのためにもちゃんとしたセカンドタンクが欲しい~♪

これ以来、タツオスは冷凍餌を食べるスピードが明らかにあがりました。なぜかほんとーに!
ひょっとするとヨコエビを追うことで動体視力が上がったのではないかと思いますです!(*^^)v
それでもまだ食べる量は少ないので今後がちょっと心配(´ヘ`;)
 
自給自足水槽ってええんちゃうんъ( ゚ー^)
目指してみてもいいかなって思ったひとは
↓をクリック
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


タツノオトシゴ | 23:35:37 | トラックバック(0) | コメント(8)
タツの擬態。それと気づけば1年!
買った後で、ブリードではなく天然のイバラタツだったことが発覚したタツのオスは、餌食いがだいぶ良くなってきました。
冷凍のアミエビをスポイトで流してやるのですが、やっとここから出てくるのは餌だと認識したので、スポイトを近づけると寄って来るようになり、我先にとパクパク食べるようになりました。この間までの優柔不断な彼の姿はまったく面影もありません。(^^♪ よかった~♪

さて、タツの色についてなんですが、このタツオス君。最初はキレイな、それはもううっとりするくらいキレイな黄色で模様もあってビューテホーだったんです。
こんな感じでした↓


タツ黄色の時




キレイでしょ♪
それが今では、擬態してしまって色がグレーに!というかLR風になってしまった^^;


擬態してしまったタツ

たったひと月でこれだけ色が変わってしまいます。実際は半月ほどでこんな色になったと思います。
う~ん、正直うつくしくないなー ^^;

SHOPで聞いたところ、底のほうの色に影響されやすいとか。 うちのタツ水槽の底は、LRのかけらとか砂だけです。そのせいかメスは白っぽくなってきてます。
まっ、まともなセカンドタンク設置した暁には、なるべく藻場のような環境を作ってあげようと思っているので、また色が復活してくれることを祈ります(^v^)


それと、なんと気がつけば海水魚飼育を始めて1年たってました!
1年前の、始めてLRを入れたとき「うぉー!海ができたー!」って感動して写真撮りまくってたのがこれです↓

平成20年5月の水槽

LR入れたてで濁ってます。ライトもメタハラがまだ届いてなくてとりあえず淡水で使ってた蛍光灯を使ってます。
それでも1年前はこの段階でかなりハイテンションでした!懐かしい♪
生き物は潮干狩りで採ってきたヤドカリだけ ^^;
SHOPでしばらくは魚我慢してくださいっていわれてソワソワしてた時期です。今みたら、海ができたーって喜んでた自分がカワイく思えるような、何もない水槽です(^.^)
1年経ち、今はこんな感じ。久しぶりの全景です。


平成21年5月の水槽


同じ水槽やのに狭く感じますね^^; 
少しは海っぽくなったかな?
これも濁っていますが、アラガミルク入れたのでこんなになってます。
(撮るなら入れるなよ\(゜ロ\)
左上の隔離水槽はジョーフィッシュのために置いてあります。ここに意気込みが表れております!

さー2年目突入!これからもマイペースに楽しみながらがんばります(^v^)
いつも見に来てくださってる皆さん、これからもよろしくです<(_ _)>


1年前より進化している自分の水槽を満足げに
ニヤッと眺めたことのある人は↓をクリック
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




タツノオトシゴ | 19:42:11 | トラックバック(0) | コメント(20)
これ以上ない新鮮なタツのエサ。
タイトルのまんまなんですが、前々から思っていたことがやっと現実にできました(^.^)
そしてそれを動画に収めることができたので(大げさな!ヽ(^。^)ノ)見てくださいませ!
あっ、ただしこの動画を見るのに注意点が一つあります。
動画が始まったらすぐに顔を90度傾けてください!そしてこれは夜間撮影のため、見難いのはご容赦ください<(_ _)>


(↓をクリックすると大きいサイズで見れます。)
ハッチアウト

[広告] VPS 

さて何か分かりましたでしょうか?
実はタツのまわりでうごめいている小さいワラワラはスカンクシュリンプの赤ちゃんです!(^^)!
何度となくスカンクシュリンプが抱卵しては、いつの間にかハッチアウトでなかなかお目見えできなかったんですが、今回たまたま夜に部屋の電気を消した後、目撃できたんです!

よっしゃー!\(◎o◎)/!って感じで即アミを使ってすくい取りました!
それをタツ水槽に放り込んだ次第なんです。 結構な数でした。まさにこれ以上ない新鮮さでしょ(*^^)v
タツは最初、夜中だったので寝ていたのか動かなかったんですが、LEDを当てて明るくしてやると良く見えるようになったからか、目が覚めたからか、この後もずっと食べ続けてました(^^♪

うちにはスカンクが2匹居て、しょっちゅう繰り返し抱卵します。スカンクって簡単に月1回くらいの間隔で抱卵しますよね。「これ捕獲できたらえーエサやのになー」と前から思ってたんですが、今回はグッドタイミングでした。
取り逃がした稚エビはカクレ達が乱舞して食べていました^^;

タツのベスト餌である天然のアミエビはストックが難しく、買うと餌としては高価なのでとても私の財布ではおっつきません。
そこでスカンクシュリンプをいっぱい飼育して、新鮮稚エビを供給!ってできないもんかな?タツとスカンクの飼育場所はパンチングボードとかで仕切ってみたりして。ある程度の匹数飼えば結構定期的に自然の活餌供給できる。と考えちゃってるんですが…

ん~、やっぱ無理かな?ちっちゃすぎてタツのおなかが膨れるには相当な数いりますね(>_<)
それに栄養もあるのかないのか分かりません。


それはそうと、私、明日からやっとGWの代休です!GWずっと仕事でしたので子供をどこにも連れて行ってやれなくてさみしい思いをさせていましたが、幼稚園休ませて遊びに行ってきます。幼稚園より親子のコミュニケーション優先です(^^♪
明日は妹夫婦と日帰りで潮干狩りに三重県へ!そしてハードスケージュールですがその次の日の朝から愛知県は知多半島の沖合「日間賀島」へ1泊2日で!なんでも港に車を置いて高速船で海を渡るとか!泊まるとこは漁師旅館なので食べ物は期待大ですよ~(*^^)v
島のまわりは磯だらけでこちらも期待大ですね~♪

ですので、しばらくの間コメントの返答ができません、ごめんなさい。<(_ _)>
帰ってきしだいチェックしまーす。 

漁師旅館の料理ええな~とちょっとでも思った人は
↓をクリックして、次の報告記事を待っていてね♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




タツノオトシゴ | 19:12:11 | トラックバック(0) | コメント(14)
初めてのイサザアミ!
タツの餌に生きたヨコエビをシュリンプさんで以前購入しましたが、購入はまだ一度きりで、それからは冷凍餌だけでタツを飼育していました。
しかし、やはり生きた餌を食べさすことで長生きもするし、色も発色が良くなるらしいので、どうにかして活餌を与えたい。

ネットで買えるのは便利だけど、梱包料とか送料、代引き手数料など品物以外にかかるお金が、小遣いでやり繰りしてる私にはどうも無駄に思えてなかなか次に踏み切れないでいたんです。
(シュリンプさんの、あのしっかりした梱包見た時は、なるほどそりゃかかるわと納得しましたが)

それで、タツの活餌を出来るだけ安く手に入れることができるとこはないかと色々探しておりましたら、ありました!通販でなく本物のSHOPで\(◎o◎)/!

車で片道1時間半くらいかかったけど海産アミエビが売っているというだけで驚きです!100匹700円です(^^♪

そして、生きているイサザアミがこれです。私は動いているイサザアミを初めて見ました(*^^)v
これで1cmくらいの大きさです。水合わせ直後の画像です。嬉しくて早く食べてるとこ見たくて少し水槽に入れてしまった^^;

海産イサザアミ

しまったなー、写真じゃなく動画に撮れば良かった!
すんごい元気に動きまくっていかにも新鮮そうでしたよ(^^♪

そこの店長さんとっても気さくな方でタツのことも色々教えてもらえました。なにより「遠くから来てくれたから50匹ほどサービスしときます」と200匹頼んだのが250匹に!ありがたいです(ToT)

(しかし、小さい生き物なので念入りに水合わせしましたが、すぐ食べられちゃうのに必要なのか?)

よくイサザアミは20度くらいの低温でないと維持できないと言われてたので、それも聞いたのですが、「うちは24、5度ですよ。それでも普通に生きてますよ長期間じゃなければそれほど気にしなくても大丈夫」ですって!そりゃーいい!
それならある程度買ってきても本水槽の海水で短期間はストックできそうです(^v^)

でも結局、少しづつ与えたりとかは面倒なんで一気に全部「なんちゃってリフジ」タツ水槽に入れちゃいました! 細かいこと聞いといて最後はおおざっぱ!いつもこんなん。

逃げるイサザ、追うイバラタツ!
パクパク~!すいすい~。パクパク!の繰り返し。すごい勢い♪
考えてみれば100匹くらいだとすぐ食べられるので、ストックなんて考えなくても良かったんです。
 
 この光景もすっかり写真撮るのを忘れてました<(_ _)>



そうそう!昨日いつも行くアクアテイラーズさんにイエローヘッドジョーフィッシュ入荷の情報が!
早速仕事帰りに行ってきました(^^♪
店員さんも目が合うなり「入荷しましたよー」って声掛けてくれました。気に掛けてくれてたってだけでなんとなく嬉しいもんですね(^v^)

新たに5匹くらい入荷してたのですが、その中の5~6cmくらいの元気一杯の子をGETしてきました!
前回よりも一回り大きめです!前は4cmのロリサイズでした。

餌食いがどうか見せてもらったんですが、ブラインどころか、すでに粒餌も食してました!おーこれは大丈夫そうだ!よーし!お前に決めたー\(◎o◎)/!

と言ってもまだ予約入れてもらっただけなのでお持ち帰りは来週です。(>_<)

今すぐ持って帰りたい衝動に駆られましたが、前回のこともあるので、SHOPでしばらく様子見です。


イエローヘッドジョー再挑戦を
盛り上げよう↓(^^♪ポチっ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

タツノオトシゴ | 12:50:27 | トラックバック(0) | コメント(12)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。