■カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウミキノコを切って増やす。
海水魚飼育をする以前、サンゴと言えばエダのような硬いものが海の中に広がっていくもん、くらいにしか知識がありませんでした。
 でも実際はいろんな種類、色、硬いのやら、柔らかいのやらがあって水槽の中でどんどん成長していく。本当に生き物なんだということを飼い始めてから初めて認識しました。
 で、私のお気に入りのサンゴを一つ紹介。

水槽に入れてすぐのウミキノコ
上の写真の真ん中あたりに見えてる「はんぺん」みたいなのがウミキノコというサンゴです。これが落ち着くと

ポリプの開いたウミキノコ
こんな風にめっちゃ綺麗に咲いてくれます。


いつも購読している「コーラルフィッシュ」という本に、ウミキノコは簡単に切って増やすことがで出来るサンゴだと書かれていた。
もし死んでしまったら、と考えるとずっと出来ないでいたのだが、きれいなサンゴを買わなくても、家の水槽で増やせるなら素敵なことだ!と、このたび意を決して

根本から切ってしまったウミキノコ

ぎゃー!やってもたー!大丈夫なのか?このキノコ。
どれがウミキノコかわかるかな?画像の真ん中にある白っぽい丸いやつ。これがウミキノコのカット後です。


おもいっきりカッターで切ってしまいました。まな板の上で。 感触はエリンギを切る感じかな。大量の海水がキノコの中から出てきてキッチンがびしょぬれになった。
後で調べると茎の部分を切るとダメージが大きいらしく、普通はキノコの傘の部分を切るほうが良かったらしい。そんなことも知らず一刀両断、輪切りにしてしまった。

切った時は傘の部分のすぐ下で切ったので長い茎が残るはずだったのに、すっかり委縮してしまってこんなに小さくなってしまいました。切った片割れの傘のほうは、次の日にはポリプを出して元のように元気になっていました。
茎部分は、今は縮んでいますが、溶けてしまわないよう目を光らせていきます。早くポリプが出てきたらいいなあ。


サンゴ | 20:28:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
6日に1度の水換え
海水魚を飼い始めて一番気をつけていることは、水質です。魚の状態とかサンゴの状態をいちばん気にかけて見てないとあかんと思ってたけど、結局海水がダメダメだと何もかもダメダメになります。

特にサンゴは硝酸塩(毒素は低いけど蓄積するとダメなのです)の多い海水でダメージを受けるようで、なるべくそれが少ない環境を維持しないとサンゴが溶けてなくなってしまうのです!うちのようなソフトコーラルだけだとそれほどシビアになる必要もないらしいのですが、少ないに越したことはありません。

そのために、ある一定の期間で海水を換えてやるわけなのです。
で、どれくらい換えるかというと、それはテスターで硝酸塩の数値を計らないとわからないのです。
めんどくさいでしょ。でも、はまってしまった趣味なのでこれが楽しみになったりするんです。そりゃ、なんと言っても海水魚ですからザリガニや金魚のようにはいきません。

水を換えてから3日で目標以上の数値になるようでしたら最低でも3日ごとに一定量換えなければいけません。水を換えるといっても全部換えるワケではなく、維持したい水質を保てる量だけ変えてやるのです。
 
テスターで数値を計った結果、私の水槽では6日に1度換えれば、ある程度の水質を維持できることがわかりました。
 
この水換えの作業は結構大変で、他の海水魚を飼育している方は、どうやってるのか気になるところです。

私の場合、前日に20Lのポリタンク2つ、計40Lの海水をつくり、ヒーターで温度を合わせ、1日エアレーションしてから使っています。それを、
水換え
このように椅子とバケツでポリタンクを出来るだけ上の方に配置して、サイフォンの原理でサンプに新しい海水を流し込んでいます。 
来月、H&SプロテインスキマーHS400を買う予定です♪昨年の夏からずっとあこがれていました。
これをいれたら硝酸塩の増えるスピード遅くなるんでしょうか。 いや、なってくれないと、少ない小遣いをやりくりして貯めたお金がもったいない!購入したらまた日記に書きます。


海水魚 | 01:24:39 | トラックバック(0) | コメント(2)
センジュイソギンチャクを足止め
海水魚飼育を始めて、最初の頃からセンジュイソギンチャクを飼っています。うちのタンクメイトの中ではスカンクシュリンプに次いで2番目の長生きさんです。といってもまだ9か月程度ですが…。

 このイソギンチャクを買ったきっかけは、カクレクマノミとの共生を水槽で実現したかったからです。

 で、どんな種類にするか悩みました。カクレが入ってくれるイソギンは周知の通りあまり多くはありません。
「ハタゴイソギンチャク」は確実に入るけど毒が強くて他の魚がとっても危険、で状態のよい沖縄産は高価。
「シライトイソギンチャク」はお手頃サイズでお気に入りだったけど入るかどうかは時の運。
「センジュイソギンチャク」は確実に入るけど動きまくってレイアウトが大変で毒はそんなに強くないけどサンゴにダメージを与える。色の美しいのが少ない。

結局、最終的に選んだのはセンジュイソギンチャクです。このとき家の水槽にはサンゴを入れてなかったし、サンゴにまだ興味が無く、サンゴを飼うなんて難しいやろし無いやろーて思ってました。(結局イソギン買った後、数週間で初サンゴ買ってましたけど) 色はイソギンチャクに美しさを求めてなかったので良しとしました。

このイソギンチャク。本や、ショップの人が言うようにめちゃくちゃ動きます。1日で水槽のまわり1周するのはわけないって感じでした。ある時、後ろ側に行ったので、正面に来ないよう側面側に吸盤いっぱい付けて進路を妨害してみても軽く乗り越えてしまうくらいでした。
 よーく観察していると、どうも水槽の真ん中にあるメタハラの光源を求めて動いてるようでした。
で、ちょっと工夫をし、今ではこんな感じで動き回ることもなくなりました。

Image025~00_convert_20090324165704
何をしたかと言うと、アーチ状のライブロックにイソギンを誘導し、そのアーチ状ライブロックのアーチの頂点が光源に一番近い状態に組んでみたんです。
 この状態にしてから、8か月ほど経ちますが、ここから移動したことはありません。大成功です!
センジュイソギンチャクの足の早さにお悩みの方の参考になればうれしいです。




イソギンチャク | 22:18:54 | トラックバック(0) | コメント(3)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。