■カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
センジュイソギンチャクを足止め
海水魚飼育を始めて、最初の頃からセンジュイソギンチャクを飼っています。うちのタンクメイトの中ではスカンクシュリンプに次いで2番目の長生きさんです。といってもまだ9か月程度ですが…。

 このイソギンチャクを買ったきっかけは、カクレクマノミとの共生を水槽で実現したかったからです。

 で、どんな種類にするか悩みました。カクレが入ってくれるイソギンは周知の通りあまり多くはありません。
「ハタゴイソギンチャク」は確実に入るけど毒が強くて他の魚がとっても危険、で状態のよい沖縄産は高価。
「シライトイソギンチャク」はお手頃サイズでお気に入りだったけど入るかどうかは時の運。
「センジュイソギンチャク」は確実に入るけど動きまくってレイアウトが大変で毒はそんなに強くないけどサンゴにダメージを与える。色の美しいのが少ない。

結局、最終的に選んだのはセンジュイソギンチャクです。このとき家の水槽にはサンゴを入れてなかったし、サンゴにまだ興味が無く、サンゴを飼うなんて難しいやろし無いやろーて思ってました。(結局イソギン買った後、数週間で初サンゴ買ってましたけど) 色はイソギンチャクに美しさを求めてなかったので良しとしました。

このイソギンチャク。本や、ショップの人が言うようにめちゃくちゃ動きます。1日で水槽のまわり1周するのはわけないって感じでした。ある時、後ろ側に行ったので、正面に来ないよう側面側に吸盤いっぱい付けて進路を妨害してみても軽く乗り越えてしまうくらいでした。
 よーく観察していると、どうも水槽の真ん中にあるメタハラの光源を求めて動いてるようでした。
で、ちょっと工夫をし、今ではこんな感じで動き回ることもなくなりました。

Image025~00_convert_20090324165704
何をしたかと言うと、アーチ状のライブロックにイソギンを誘導し、そのアーチ状ライブロックのアーチの頂点が光源に一番近い状態に組んでみたんです。
 この状態にしてから、8か月ほど経ちますが、ここから移動したことはありません。大成功です!
センジュイソギンチャクの足の早さにお悩みの方の参考になればうれしいです。




スポンサーサイト
イソギンチャク | 22:18:54 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。