■カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
センジュの調子が…。
うちのセンジュイソギンチャク、この前まで絶好調で広がりすぎて困っていました。
こんな風に
センジュ1

左奥にはウミアザミがいてるのですが、結構な距離なのに触手が広がるとスレスレ(^_^;)
調子が良いのはありがたいのですが、サンゴに接触だけはいただけません!

と、言ってられるのは調子のよい時だけですね。この頃少し調子が悪く触手のハリもいまいちでした。
そんなある日、

センジュ2

これでもかってくらいへこんでる調子が悪くなりました!
このあともだんだん萎んでいって触手なんか平らになっていったんです。(>_<)
本などでは、溶ける前に出すほうが良いと書かれていますが、ずっと飼ってきたイソギンなのでどうなるか分からない状態のときに決断なんかとても出来ません。

以前にも似たようなことがあったけど、今回は口から褐虫藻らしきものも吐き出して見るからにダメッぽいΣ( ̄ロ ̄lll)
どーしよーと思いながら2日たった今日、

センジュ3
復活の兆し!!よかったー(≧▽≦ )
でもまだ少し下のほうはヨレっとして、大きさも2/3ほどですがなんとか持ち直してくれそうです。
あ~ほんまによかったー。

ほっとしたところで、ちょっと余談。
今、めっちゃハマってるものがあります。最近毎日のように食べてます(^o^)
これです
みかんゼリー

みかんゼリーを凍らせてシャーベットになったものです。アイスとは違い、食感はシャリ。もぐもぐしてるうちにゼリーの感触でツルっと食べれます。これはめっちゃうまい(≧▽≦ )
そして、寝苦しい暑い夜はすごく体を冷やしてくれますよ。是非お試しあれ~(*^▽^*)b

長くなるけど、もひとつ。
以前の記事で紹介し、新たに立ち上げた、20cmキューブのレッドビー水槽。
これ
20cmキューブ

なんか寂しいと思い、以前から気になっていたテラリウムに挑戦することにしました。
まずはブラックウッド(流木アク抜き不要のやつ)と分水器。
分水器
この分水器はポンプからの水を8本にチューブで分岐できる優れもので、流木に穴を開けたりしてそこへ差込み、木から水がチュロチョロ流れ落ちていくっていうのを作ることができるのです(^-^)



それと、

観賞植物
植物をコーナンで調達。



20cmの世界であまりうるさくならないよう心掛けて出来たテラリウムがこれです!

テラリウム1
テラリウム2

うーん!いいんじゃない?チョロチョロと水が流れて滴が落ちるのもいい感じです♪
でももっと大きいので作りたいなー\(⌒∇⌒)/
いつかもっと時間があったら、もっと自然な水景を作りたいです。
海水も淡水も色々やりだすと奥が深いです(* ̄ー ̄)


テラリウムもおもしろそーって思ったら
↓クリック(*゚▽゚)ノ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
イソギンチャク | 23:54:13 | トラックバック(0) | コメント(12)
メタハラの球交換
タイトルを無視するわけではないのですが、先にこれ見てください~( ̄ロ ̄lll)

ハナヤサイ白化


あまりにも突然でした!先日のこと、朝は全然何とも無かったのに、仕事から帰って来たら見事にハナヤサイサンゴ白化(゜ロ゜)
なぜ!?この前に硝酸塩ゼロとか言って調子に乗ったからバチがあたった?
さてはまたクイーンちゃんが食べた!
これ以上広がらないことを祈ってます(-o-)

しかし、このハナヤサイサンゴ最初はピンクだったのにやはりだんだん茶色に向かっているようです。
今はまだ完全に茶色ではなく紫っぽいので「むらちゃき色」です。

このサンゴは、やはり150Wブルー球では光量が足りていないのだと思います。
メタハラ直下に置いたスギノキspのブルー系のミドリイシも色が落ちてきているようです(*_*)
それに最近、気のせいかメタハラが暗く見えるんです。

よくよく考えてみるとうちのADAソーラーⅠのメタハラ、1日に11.5時間も点灯してたんです。これってほぼ半日ですね!1日8時間と比べたら、電気料金えらい違いなんでしょうね-!
こりゃ早速タイマーのセットを変更しなきゃダメです。


で、総点灯時間を計算してみると現在までおよそ5350時間使ってることになります。ADAのHPには5000時間が交換の目安ということだったので、SPSのためでもあるし、思い切って球を交換することにしました。
でも悩んだのが球の色。ブルー球だとどうしても暗めだし、その次にあるケルビン値の高い球は10000K。ブルー球と10000Kの間くらいのが理想なんだけどなー。
でも、今は明るさを求めているので、思い切って10000Kの球にしました!SHOPでこれはどうなん?って聞いたら誰も海水でソーラーⅠの10000Kは使った経験が無かった…。演色効果は必ず落ちるだろうし、買ってしまったものの不安だな。

でも、まあなんとかなるでしょー。ということで早速初めての交換作業です。
まずは吊っているメタハラを下ろします。

ソーラーⅠ

右下にあるのが新しい球なんですが、箱入りのが無くて、こんな袋入りの球だったので少し安くしてくれました!ラッキー!中身一緒ならなんでもOK(^-^)

そして、蓋をはずします。

ソーラーⅠ蓋

ガラスの周囲だけが外れるのかと思いきや全体がゴソっと取れました。
そして球を外します。

ソーラーⅠ交換

取る時も入れる時も持つところはここでいいのかな?なんか本体を素手で持ったら寿命が短くなるようなことを聞いたけど。新しい球の装着は一応手をキレイに洗ってからにしました。
球の出し入れは、蛍光灯と同じ要領で、片側にぐっと押すとバネのようになっていて押し込めます。それで反対側から外れて抜き取ることが出来ました(^o^)

ここで、古い球は新しいのに比べて目で見て分かるのか並べて見ました。蛍光灯みたいに黒ずんできた時が換え時ってわかれば便利だと思って。
で、これがその新旧の球↓

球の新旧比較

下が古い球で、上が新しいやつです。明らかに古いのは黒ずんでいますね。
でも、メタハラの交換って初めてなので、これが劣化による黒ずみなのか、個体差で元々黒っぽいのか、ブルー球と10000Kの差なのか判断できませんね。せっかく写真撮ったけど意味無かった(>_<)
でもまあ、来年また交換する時の目安にはなるかなーと思って記事にしておきます(^o^)

さて、気になる照度の差ですが、今日は夜も遅いので、明日にならないとメタハラは点灯しません。
ですので、次回球交換のビフォーアフターやりますね(*^▽^*)b


気になるあなたは↓クリックしてお待ちくだされ~(≧▽≦ )
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

飼育用品 | 01:20:34 | トラックバック(0) | コメント(12)
ADAの10000Kとブルー球の差
前回の続きですが、ADAの球交換でブルー球だったのを10000Kに変えました。
予想していたとおり、かなり明るくなりました(^o^)
でも、思っていたよりずっと浅場の色です。海で潜らずに頭を浸けているだけのシュノーケリングで見える色くらい(分かりにくい?)
おそらく浅場のミドリイシには良い結果をだしてくれそうだけど、やっぱりブルー系の波長がないと蛍光色が全くといっていいほど出ない( ̄ロ ̄lll)

同じ携帯カメラで撮った写真で見比べてみると

ビフォー

古ブルー球

アフター

新10000K

比較すると明るさがすんごい増したのが分かりますね。自分でも写真で見るとビックリなくらい差があります。

これのおかげで、この前少し調子を崩したセンジュイソギンチャクが完全に復活です。

完全復活センジュイソギン
また満開に開くようになりました(≧▽≦ )


でも誤算は、水槽の全体に閉める茶色の割合が増えた。というより茶色に見えるようになってしまったってことです(>_<)
特に左右にの下のほうにあるスターポリプは今まで蛍光グリーンだったのに完全の茶色に見えてます。 やっぱり照明の演色効果というのは侮れないですね。これでは、SHOPで「これキレー!」と思って買って帰ってきて入れてみたら全然違う…ってなことになりそうΣ( ̄ロ ̄lll)

でも、まーすぐに違うのを買うのももったいないので、しばらくはこれで様子を見て浅場系のサンゴがどうなるか経過観察します。(でもyo-cさんに教えてもらったスーパーブルーのメタハラめっちゃ欲しい。どうする。こらえきれるのかオレ( ̄ー ̄;)

ということで、メモ代わりに現状を残しておきます。

まず初めて買ったミドリイシspのグリーン
ミドリイシspグリーン



ぐんぐん成長中エダコモン
エダコモン



全然成長しないけど真っ赤になってきたウネコモン
10000Kで見ると全然赤くないです(^_^;)
ウネコモン



ポリプをほとんど出さないので心配なユビ系ミドリイシパープル
ユビ系パープル


少しづつ伸びてるけど色は茶色っぽくなってきたスギ系ミドリイシブルー
スギ系ブルー

センベイサンゴとハナヤサイ写そうと思ったらタイマーで照明消えちゃった(^_^;)
まーいーか。

照明に関してはこれからまだまだ勉強しないとダメですね。でも、電気代も(嫁の目も)気になるので、おいそれとワット数の高い器具にするのも少し(嫁の)抵抗があります(^_^;)

うーんエコキュート導入するかな!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


飼育用品 | 00:45:40 | トラックバック(0) | コメント(18)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。