FC2ブログ
 
■カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
小さいハゼが気になる。
今日はちょっと我が家のハゼの紹介です。

海水魚の飼育を始めて最初に飼い始めたハゼは、ハタタテハゼとアケボノハゼでした。
Image147_convert_20090316171858.jpg
最初はこうやって仲良くホバリングしてました。可愛かったなー(^o^)
うちに来てもうすぐ1年半ほど経つみたいです。
こういうブログを書く時、左欄の下に作ったタンクメートの飼育暦が分かるプラグインは便利♪

同種ですが、それほど深刻なケンカにはなっていません。ただ一度だけアケボノハゼのヒレがボロボロになったことはありましたけど(^_^;)
うちのはアケボノハゼのほうが意外ですが弱いんです。ただ今別居中です。

 そしてミズタマハゼも1年を超えてました。最初は小さくて何処にいるのか分からないくらいの存在でしたが、水槽に慣れると砂を掘り返しまくり、山作りまくりでした。そういえば最近大きな山を作ることが無くなりました。なんでやろ?
海苔とミズタマハゼ
こうやって海苔をいっぱい食べるからお腹がいっぱいで、それほどベントス食性でなくてもよくなったのか?

そしてハタタテネジリンボウ。これってショップによって呼び名が違いますよね。
ヒレナガネジリンボウのほうが呼び名としては通じるのかな?
私が購入したお店ではハタタテだったので、以来ハタタテネジリンボウと呼んでます。
この子もうちに来てから1年以上経つのですが、ハッキリいって超カクレキャラで居るのか居ないのか分からない存在でした。
が、ここ最近。先週くらいから水槽の前のLRの下に住み着くようになり毎日見れるようになりました!
意外と立派にしかも太ってたのにはビックリ!こんな風に出てきます(^o^)

ハタタテネジリンボウが前に来た

こうなったら、せっかく見えるとこだし、ランドールピストルシュリンプ買って共生も観てみたいし、ぺアにも挑戦してみたいなー。
でもこのハタテテネジりんのオスメスの見分け方って全然聞かないですよね(^_^;)
ヤシャハゼならヒレで分かるのになー。

こうなったら感と運を頼りにもう1匹入れてみよー(* ̄ー ̄)

もし見分け方の分かる方がいれば是非教えてくださーい。

さて、そしてこのハタタテネジりんの上には、この前すっかり白化してしまったサンカクミドリイシが放置してあります。このエダの隙間を住みかにしてしまったのがこのアカテンコバンハゼspです。
本当は生きたミドリイシなどに棲息している魚らしいのですが、ようは外敵から身を守る狭い隙間があればそれでいいのかもしれない。
写真では色があまりハッキリしてませんが、実物の色は緑地に赤い柄です。
アカテンコバンハゼのその後

spということでほんとはなんなのか色々調べてみたんですが全然わからないでいました。でも雑誌マリンアクアリストの44号のハゼづくしの特集に似たのを見つけました!
ひょっとすると「ブロードバーゴビー」っていう名前かも知れないです(*^ワ^*)
この魚は体高はありますが、正面からみるとペラペラの体格です。
ミドリイシやトゲサンゴに入りやすい形になってるようです。 しかし、何回見てもデビルマンに見えるのは私だけ?

あと、サンゴに棲むといえばキイロサンゴハゼです。我が家には2匹来てもらいました。1匹は2ヶ月弱ほどですが古株さん、もう1匹はまだ10日の新参者です。
うまくペアになってくれたらうれしーなーと思い導入したんですが、今はお互い微妙な距離感。
キイロサンゴハゼ2ショットとヤエヤマギンポ
上のエダコモンに乗っているのが古株さん、そして様子を伺うように眺めているのが新参者とヤエヤマギンポです。
ヤエヤマさんは、アカテンコバンハゼやキイロサンゴハゼ、ハタタテネジりんとか、自分より小さいやつにはやたらとエラそうです。すぐ食ってかかります。結構縄張り意識が強いですよ~。


今日はこうやって改めて自分の水槽のハゼを見直しましたが、やっぱりハゼも好きだわ!
特に小さいハゼをあえてメイン水槽に入れて見つけるのが楽しい!
ちょっとした丘ダイバーです(≧▽≦ )

また、ハゼを追加したら自己満足ではありますが魅力を紹介していきたいと思いまーす!

ハゼ好き↓スイッチオン(^o^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村





おまけ。メモ代わり。
淡水水槽もいい感じになってきた。
淡水水槽メイン


スポンサーサイト



海水魚 | 00:10:31 | トラックバック(0) | コメント(10)