FC2ブログ
 
■カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
磯遊びで知っておきたい危険な貝。
もうすぐ我が家は盆休みです!

テンション上がります(^^♪

毎年この時期は連泊で遊びに行くので子供たちはめっちゃ楽しみにしてます。

今年はいつもいってる日本海側をやめ和歌山へ

海水浴&磯遊び&ホテル宿泊&キャンプと目白押し!


さて、磯遊びは危険がいっぱいです!

これまでもそれなりに気をつけてました。子供もいるし。


潮の干満に気を付ける。

岩場で怪我しやすい。

ウニ、クラゲに刺される。

オコゼ、カサゴにも注意。

などなど。

まー、子供もまだ小さいし、それほど大きい危険があるとこまで

泳いでいかへんし大丈夫やろ~

っと思ってたら!

意外な事実発見。っていうか教えてもらいました(^_^;)

今まで全然しらなかったんですが

「イモガイ」って貝がかなり危険なんですね!

ハブの毒くらい危険なやつがいるらしいです。

この貝に刺されて死亡する例もあるみたいです。





さてここから本題。

マリンアクアリストが磯で遊んでてマガキガイがおったら、

まぁ8割くらいの人は持って帰るんじゃないでしょうか?

ぼくなら絶対持って帰ります(^^♪

これが危ないんです!




この危険生物「イモガイ」。

なんとマガキガイにそっくりなんです!

世界で500種ほど、日本に120種ほど居てるらしいです。

基本的にみんな肉食で、ゴカイを食べるやつ、貝を食べるやつ

そして魚を食べるやつがいてるみたい。

こんな魚食性のやつを水槽に間違って入れたらえらいことになります。

神経毒をもってて、口みたいなとこから毒入りモリを発射。

魚食性のやつはそのまま魚を丸飲みにします 

その様子はこちら



この貝は、持って帰ろうと、採集時にポケットに入れると

刺されてえらいことになるってことと、

何事もなくイモガイって事を知らずに持って帰っても

大事な水槽の魚が餌食になるかも知れないという

二重のリスクをはらんでいます。

知らなかったら恐ろしすぎますね!



アンボイナってやつが一番やばいらしいけど

この貝の仲間が和歌山にも居てるんです。

和歌山の「紀伊民放」によると

「毒貝として有名なイモガイの仲間「タガヤサンミナシガイ」が和歌山県白浜町臨海の海岸で捕獲された。見つけた京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(56)は「刺されると死ぬ可能性もある。見つけても素手で触らないように」と呼び掛けている。京都大学白浜水族館で飼育展示を始めた。」

と書かれていました。

こわ!

でも、何も知らず似たような貝すべてにビビって

子供らに「触ったらあカーン!」

とか言ってるだけだと頼れるお父さんにはなれません(^-^)

安全なマガキガイとの区別ができるように色々調べてみました。

間違ってたらご指摘お願いします




まず、一つの特徴としてマガキガイが目を出すところに

区別のポイントがあるようです。

マガキガイのこの部分


IMG_3962.jpg





内側からみたらここ

IMG_3957.jpg




マガキガイはこの部分が目の出しやすいようにかは分りませんが、

貝がめくれた形になってます。

イモガイにはこのめくれた形がなくまっすぐな形状のようです。

以下和歌山にいてるイモガイ。(見比べるところは緑の矢印です)


記事にあった タガヤサンミナシガイ

タガヤサンミナシガイ



キラベッコウイモ

和歌山キラベッコウイモ


サザンカイモ

和歌山サザンカイモ


ワカヤマイモ

和歌山ワカヤマイモ

うんうん、確かに全部まっすぐや!



あと見分けるポイントが足の部分にもあるみたい。

マガキガイのこのピンクの矢印の部分。

IMG_3960.jpg


イモガイはこの蓋みたいなところがめっちゃ小さいらしいです。

ちなみにマガキガイのこの蓋は蓋だけでみたらこんなん


IMG_3961.jpg




ぎざぎざですね~。

この部分を使ってマガキガイが起き上ろうとするところが、

剣を振り回しているみたいに見えるからって

チャンバラ貝って呼ぶとこもあるみたいですね~♪

とまー、区別のポイントを色々調べてみましたが

分からなければ、

マガキガイはショップで買うのがベスト!

ってことですね(^v^)



和歌山にいるすべてのイモガイの毒の強さがどれほどのものなのかは

残念ながら分かりませんでした。



でも、これである程度は見分けれると思うので、

注意の仕方が何も知らないよりかは随分違うはず♪

しかし頼れるお父さんへの道のりは長いなぁ…。



にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村

| 01:47:10 | トラックバック(0) | コメント(10)
和歌山家族旅行。
今年の盆休みは和歌山へ海水浴に行ってきました。

3泊4日で最初の2泊がホテルに泊まって、最後の1泊は串本でキャンプです(^^♪

初日。

朝8:00に出発。(もっと早く出るつもりが財布忘れて取りに戻ったりしてるうちに…)

途中全然気付かなかったけど走ってる場所で地震があったらしい(^_^;)

渋滞に巻き込まれて現地へ着いたのは11:00。

で、早速海へGO!

今年はフィンも買ったのでやる気満々です。


写真 12-08-09 12 02 34

あまり知られていない海岸で、スゴク綺麗!

人もまばらで、磯がすごくいい!







干潮時にできるタイドプールなんて最高(^v^)

このなかにもチョウチョウウオがいっぱい居てるんですよ~♪

子供は大興奮でした。



写真 12-08-09 12 04 08


どんどん奥へ奥へ進む家族



写真 12-08-09 12 03 12

小さなタイドプールは温泉みたいに水が暖かくて、

子供たちは海で泳いで体が冷えたら、ここで温もってました。

そんなお湯みたいな中にもちゃんと元気にチョウチョウウオが泳いでて

ビックリでした!

水槽やったら確実に水温差で即白点病になって☆だと思う。

自然ってほんとすげー!




この海では、チョウチョウウオが数種、タコ、ハギの仲間、スズメダイ、ベラ

ミナミハコフグ、ナンヨウツバメウオ、ヤガラみたいなやつ、底性ハゼいっぱい

ヤドカリいっぱい、マガキガイとか貝各種、

サンゴではトサカ、キクメイシ、ハマサンゴに出会えましたー。






なんとこの日、白浜の花火大会があって

ホテルの部屋からでも結構大きく花火を見ることができました(^v^)

写真 12-08-09 20 28 16

写真 12-08-09 20 28 57







2日間も海で泳いで、ホテルのプールでも泳いで、

花火まで見れて、温泉にも入れて、

子供たちのテンションはMAX

文字通り飛びまわっておりました(*^。^*)

イヤっほーーーーーい!!!

写真 12-08-09 21 00 09
二人とも真っ黒^^;






最終日は串本のキャンプ場へ!

ホテルからは、少しだけ渋滞もあり2時間ほどかかり11:00頃到着しました。

でもキャンプ場はなんと13:00からチェックイン!?

そんなん知らんかった(T_T)

ってことで早速近くの海岸へ泳ぎに。

でもここはそんなに海もきれいでは無く、

期待したサンゴがほとんどありませんでした(T_T)

スズメダイ、チョウチョウウオ、ベラ、コンゴウフグみたいなんがいてました。

一番驚いたのはハリセンボン!

最初見つけたのは40cmはあろうかというやつ!

デカ過ぎてちょっとビビった!触る気がしなかった(~o~)

その次に20cmほどのを見つけたので

息子と二人で追いかけて手でイジイジしたら

一瞬でぷっくぅって膨らんで、

息子は水中でシュノーケル付けたまま爆笑してた(^^♪



んで、しばらく泳いだ後、買い物を済ませ、キャンプ場へ戻り

早速キャンプの設営開始!!

今年は、子供たちも積極的に手伝うって言ってくれてめっちゃうれしい!

こんな光景を夢見てたんよ♪






でも、

あれ?座ってるだけ?

写真 12-08-11 16 32 07




あれ?

手添えてるだけ?

写真 12-08-11 16 31 29



いやいや、ちゃんとテントの杭打ちとかやってくれました(^^♪

写真 12-08-11 17 09 42


出来上がり~

写真 12-08-11 17 11 58

今年は木の下の場所がキープできたのでタープは無しです。

これが無いだけでも結構ラクちんでした。

この後、バーベキューをして(写真撮るの忘れてた)

生ごみを狸に奪われ(写真撮ればよかった)

3日連続1日中泳いだ体はクタクタやったので早めの就寝。



んで、

翌日の最終日は串本の別の海へ行きました。

4日連続の海!でも僕は全然飽きない^^;

ホントは串本海中公園に行く予定やったんですが、

昨日サンゴが見れなかったので、急遽僕の我がままで予定変更。

サンゴが綺麗というウワサのとこへ行ってきました(^^♪

そこは、もう、ほんとにサンゴ礁ってところで

テーブルサンゴがずらーーーーっと並んでて最高の眺めでした。

サンゴのことなんかよく知らない息子も

「なにこれ!うおおおおーーーーっすげーーー!」って

シュノーケル付けたまま大声で叫んでた^^;

来て良かった~。

何種類かのミドリイシの他にもハマサンゴとか

キクメイシとかいっぱい見れました。

スズメダイの群れも青い体をキラキラさせてめっちゃキレかった。

クロナマコなんて足の踏み場もないくらいいたし、そのサイズにビックリ。

ほとんどが40~60cmクラス!!

残念ながら水中カメラを持ってないので

必死に目に焼き付けて帰ってきましたよ(^v^)

来年は水中カメラ買って写真に収めたいな~!

また絶対見に行くぞ~。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



日記 | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(6)
チビチビ食虫植物。
テラリウムを初めてしばらくした頃、

簡単に栽培(飼育?)出来るやろうと思って食虫植物に挑戦しました。

ところが、モウセンゴケやハエトリソウ、ウツボカズラは2か月もたずに枯れてしまいました(T_T)





んで、そんな食虫植物のことなんてすっかり忘れてたら、

こないだ行ったラグナさんの店内にハエトリソウと超立派なウツボカズラが\(◎o◎)/!

その造形美を見て、またムラムラムラムラ。




こうなると買うまでムラムラしっぱなしので即治療のためホームセンターへ走りました(^^♪


まずはコレ

IMG_4010.jpg

ハエトリソウです! リベンジです!

植えたてで、手が触れたんで葉が閉じてしまってますが

中は赤い色でめっちゃカッコイイ!








次にコレ

IMG_4009.jpg

指先ほどのチビチビのウツボカズラ!こいつもリべンジです!

成長する過程が見てみたくて、あえて袋が一つしか生えてないのを選びました。

値段は一緒だけど(^_^;)






食虫植物って虫が食べれないとダメ!

と思っている方も居るかもしれませんが、

実は、人間が捕って与えないといけないほど必要としてるわけではないんです。

光合成もしてるし!

かといって、栄養たっぷりの土に植えてもいけません!

食虫植物は、もともと貧栄養のとこ出身。

だから、虫からも栄養を取れるように進化したらしいです。

だから、養分たっぷりの土だと枯れてしまうこともあるんです。

だから、ほとんどの方がミズゴケで栽培してるんですね~(^^♪

でも僕はこの食虫植物を鉢に入れて観賞しようとはしてません。

ここが難しいとこですね^^;




今回もうまくいくか分からないけど、

去年と同じように、テラリウム水槽に植えてみました!

IMG_4012.jpg

引いたら全然見えへん…。



去年との大きな違いは、

前に書いた自動霧発生装置があるから霧吹きを忘れることがないってこと!

これが大きい!

霧吹きで常に乾燥から身を守ってやらないとスグに枯れちゃいますから

この手間はすんごい大事なんです!

それが今回は自動で出来ちゃう!

これはすでに成功の予感(*^。^*)

ウツボカズラはかなり湿気を好むみたい。


ただ、心配が二つ。

一つは、外部ろ過の強制通水なので硝酸塩とかの栄養塩が多い水になってるはずやから

その辺が少し心配。(水換えはしてるけど)

今回も枯れるようなら、水も貧栄養をキープしないといけないのかな?

イヤ、光が原因かもしれないし…。強いのか弱いのか…サンゴみたいな悩みやな…。

ウツボカズラは栄養が充分だと捕虫袋を出さなくなるって何かに書いてたんで

そんなんなったら嫌やなあ。

二つ目は、根の部分に常に水が流れてること。

うちのテラリウムはポンプで水を陸地部分に揚げてます。

陸地の流木の上の方から、下へ流れてるんです。

だから陸地と言っても湿地帯のようなジメジメの陸地なんです。

水自体は腐らないけど、水に浸かりっぱなしなので根腐れを起こさないかが心配。

止水では無く流水なんで大丈夫だと願いたい!

自然下ではどんなとこで育ってるのかめっちゃ気になるです(@_@;)

今度調べておこ。






自然発生した苔に覆われてトトロもええ感じ!まさにジャングルなうちのテラリウム♪

霧がなんともえぇ感じです!

IMG_4015.jpg

プチリセットしたいけど安定してて、

なんとなく手を入れたくない今日この頃です(~o~)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



テラリウム | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
前のページ 次のページ