■カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒユサンゴの繁殖個体。
この度ご縁があって「黒潮生物研究所」さんで産卵から増やしたサンゴをいただきました。

なんと!
ヒユサンゴの赤ちゃんです(^^)

お話をいただいた時、僕の頭では100円玉くらいの大きさを想像してました。

以前100円玉サイズのヒユサンゴを育てて、ショップで売ってるサイズくらいにまで育てた事があったので、貴重なサンゴをいただいても ま~なんとかなるかな~って思ってました(^^)

ところが…
これを見てびっくり!


金属片ですよね?
はいこれ!って手渡された時は何がなんだか分かりませんでした(^^;;

これを慎重に水槽に入れて撮った写真がこれ。



3枚の金属のプレートによく見るとひとつづつ着床してるんです!
ちっこすぎる!(^^;;

まず1つめは真ん中のプレートのテッペンに


大きさは2~3mmかな?
こんなに小さいヒユサンゴ見たことない!
凄いです!(゚O゚)
こんな大きさでも口の辺りは蛍光色が出てるらしいです。

2つ目は手前のプレートのテッペンに


今回はiPhoneのカメラで撮ったんでピントボケボケなのはご勘弁を。
これはどうも共肉が出てこない。
ひょっとしたら死んでるかもしれません。

3つ目は奥のプレートの左側



もうちょいアップ↓

真ん中の丸っこいやつ。
それがヒユサンゴの赤ちゃんです( ̄▽ ̄)

この大きさで生後1年弱くらいとのこと。
普段お店で見てるサンゴの大きさになるまで一体何年かかるんやろ?

自然の海は凄いです!

こんなちっこい赤ちゃんをうちで維持できるのか?
自信はありませんが定期の水換えはサボらないように頑張ります。

この大きさだとエサも要らないし、光もほとんど要らないらしい。
むしろ光を当てて藻類が繁殖する方がダメ。
水流も穏やかで、ヨコエビが居ない、と言うかヨコエビを食べてくれる魚が居てる水槽の方が良いらしい。
ヨコエビが居ると、ヒユサンゴの骨ごと食べちゃうみたいです。

てことで、メイン水槽の上のリフジ水槽に入れてみました。


このリフジ水槽にはマンダリンフィッシュ2匹、ハタタテネジリンボウ+共生エビ、ウミブドウ、ウミキノコ5つ、バブルディスク3つ、マメスナ少々が居てます。
照明はブルーLEDのみですが、水槽の上と左側からメイン水槽の光が入り込むので、ヒユサンゴの部分だけ少し遮光して薄暗くしてやりました。

どこまで維持成長させれるか乞うご期待(^^)


スポンサーサイト
サンゴ | 15:36:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヒユサンゴ1週間経過。
前回ヒユサンゴの赤ちゃんをアップしましたが、ちょうど1週間経過したので記録がてらマクロ撮影してみました。

が、その前に、3つあったはずのサンゴの赤ちゃんがウミケムシに削られたのか2つになってしまいました(´・_・`)

とりあえず底砂にベタっと置くとウミケムシが這ってくる恐れがあるので、下に底上げの白いプラスチック材料を敷きました。


矢印の場所のヒユサンゴが健在です。
右下の、この前骨格だけになってるみたいって言ってたのはどうやら生きてたみたいです(^^)

では左の赤ちゃんから


マクロ撮影したやつを更に拡大してます。

もう一枚↓

こんな2~3mmのサイズでもちゃんと触手がいっぱい伸びてる!

右下のやつ↓

こやつは小さすぎてどうしてもピントが合いませんでした(^^;;
サイズは1.5mmくらいかな?
ちゃんと共肉が盛り上がっております( ´ ▽ ` )

とりあえず1週間経過してサンゴ自体はとても元気なのでひと安心です。

これからも定期的に経過観察続けます!


と、ここでサンゴの成長の記録を2つほど。

カケラサンゴってことで激安でいただいたハイマツのピンク。
約2年ほど前はこんなん↓


今では↓

なかなか大きくなりました!
色もピンクが濃くなり、夜間に紫外線LEDで照らされたら蛍光ピンクも確認できます。


次に、アイスブルーなスギ系のやつ。
買ってきた時にはこんなん↓

2年半ちょい前かな?
サイズは5~6cmほどやったと思う。

これがしばらくすると大きくはなったんだけど、青色が無くなってきて↓


現在では↓

でかい!けど青色も戻って綺麗になってきました。

水槽全体↓



ウスコモンの色がだんだん薄れてきてます。
なんかヤバい感じが…
原因はハタゴイソギンチャクの接触と、いっとき水換えサボってた時のダメージだと思う。

ここから復活できるんかなー(´・_・`)

サンゴ | 14:28:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。