FC2ブログ
 
■カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■プロフィール

しましま。。

Author:しましま。。
大阪府在住
30代後半の2児のパパ。

ここでは、海水魚飼育のあんなこと。こんなこと。綴ってます。
海水魚飼育歴が4年半を超えました(^^♪

共通の趣味をお持ちの方、興味のある方、お気軽にコメントください。
大歓迎です♪



◆タンクデータ◆
・90×45×45 OF水槽
SCアクアブルー散光150W×1
クリスタルエリート24WLED×1
クリスタルエリート32WLED×1 
ecrof-LED 16W
ecrof-LED 55W
リーフオクトパス ISE900 ニードルホイールスキマー
海水館‐還元ろ過BOX 1個
クーラー ゼンスイZC1000E
メインポンプ NJ3000 ナプコリミテッド
水流ポンプ エコテックマリンMP10

・セカンドタンク
30×30×45 オルカOF水槽×1
サンプはメインと共用
ヴォルクス グラッシーレディオ21 ブルーLED
水流ポンプ エーハイムコンパクトマリン200+フロー
メインポンプ エーハイムコンパクト1000

・リフジOF水槽(メイン水槽の上)
サイズ11×15×45cm
照明はメインと共用
ポンプ エーハイムコンパクト300

■最近のコメント

データ取得中...

■訪問者

■Twitter

■☆ブログ村ランキング☆
■記事一覧

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク

このブログをリンクに追加する

■リーフリング
■検索フォーム

■飼育中のお魚

現在のお魚飼育数=40匹

■セカンド水槽

■RSSリンクの表示
回転式ディフレクター「フロー」と「コラリアナノ」のあまり詳しくないレポ
GWセールで手に入れた回転式ディフレクター「フロー」ですが、これかなり便利です(*^^)v
今までは水槽の左にマキシジェット、右にセイオ、そこにメインポンプの水流をぶつけ合って乱流を作ってました。

今回「フロー」を左のマキシジェットに付けてみたんですが、左サイドから真ん中あたりは結構これ一つでランダムな水流になります。
これを付けてからは、メインポンプからの水流とセイオの水流をぶつけるようにしたので右側もそこそこ流れがあるみたいでGOODです。
できれば右側もマキシにフローを付けてクルクル回してたらいい感じになるんでは、と思います。
ただ、あまり広角ではないようで、くるくるランダムな水流が来る場所は限定的ですね。
それに場所を結構とります。

ここで、はじめて動画を投稿します!ちゃんと見れてるか不安です!
これがやったことがないことなので、億劫でレポ遅くなりました^^;
フローの使用感

[広告] アクセス解析

向きが…^^;(みなかったことにしよー)
上の「フローの使用感」ってとこをクリックすると少しキレイな画像でみれる…はずです^^;

回転の速さは水流ポンプの強さによります。できるだけ広範囲に広がる様に、できるだけ水槽の上のほうへ配置しました。で動画後半を見てもらうとわかるように、水面も結構揺らしてくれます。上に配置したから尚更なんですが、これで大体の雰囲気は伝わりますでしょうか。

そして「コラリアナノ」。
これは一度水槽で試して見たんですけど、私とこの水槽では他の水流にマケマケで、あまり効果がわかりませんでしたので動画はとってません。でも小型水槽~60cmくらいまでならいい仕事しそうです。!(^^)!
欲をいえば、モーター部分とコードが外側に来るようになっていたらサイコーなんですが…。まー安いのでこの辺はあまり文句をいってはダメかな^^;


ナノ1  ナノ2

使い方は、本体の赤くて丸いポッチリを吸盤に差し込みます。この部分の一点で支持しているので、色んな方向へ動かせる構造です。
二つの吸盤にはそれぞれ磁石が内蔵されています。
めっちゃくちゃ小さい磁石ですが強力で、この二つの吸盤でガラスを挟み込むわけです。
ナノで、1cmまでのガラスに取り付けOKだそうです。プロペラも変わった形でした。

大きさは手に乗せたらこれくらいです。チェ・ホンマンとかが持ったら500円玉くらいの大きさに見えるでしょうけど、私の手は残念ながら普通の大きさです(^v^)
ナノ3

今回の買い物としては、私にとってはフローのほうがポイント高いですね(^v^)
コラリアはナノではなく大きいやつなら良かったでしょうけど、その分本体も大きくなるやろーから
そのへんビミョーです(>_<)


コラリアも回ってくれたらいいのに!って同じ思いの人は
↓クリックしてね♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

飼育用品 | 12:12:15 | トラックバック(0) | コメント(20)
電気代追加0円でサンゴゆらゆら♪
回転式ディフレクター「フロー」の水流を前回お伝えしました。しかし、肝心のサンゴが
ちゃんとランダムに揺れてくれるのか全く分からない動画であったので「誰が」とはとても
言えませんですが
「サンゴにあたったとこ見せろ!」「何やってんだー!」とダメだしがあったので再度動画を
アップしま~す♪(*^^)v

P-aさ~ん、今度はいい感じでサンゴまで映ってまーす♪(>_<)ヽ(^。^)ノ言ってるやないか!


ここの↓をクリックすると大きい動画で見れるはず(動画はまだ不慣れなもんで…)
フローで出来る水流

[広告] アクセス解析


まず、左上に見えるフローの回転に注目してください。水面を揺らし、少しづつ回転しながら、下のほうへ向きを変えて来ます。するとまずセンターの白っぽいウミキノコのポリプが揺らめき、続いてその奥のハナガササンゴがユラユラっと揺れます。いい感じです♪動画ではフローが2度回ってます。1回目はハナガサはそれほど揺れませんでしたが2度目は揺らめいています。

ちょっとわかりにくいかな?(^_^;)
タイミングとしては動画後半にホンソメワケベラが画面を横切ったすぐ後を注目してください。

このハナガサは購入当初から水流に気を使ってましたが、これだけランダムにブワッと揺れてくれたら安心です。ちなみにこのハナガササンゴはもうすぐ飼育歴8か月。目指せ1年!をまっしぐらです(^^)v

さて、水流の届く距離は、フローの出口の角度がきつく結構近距離だけにしぼられるようです。
思ってたより短い距離で、かつ狭い角度の水流ですね(^o^)
ですので、できるだけ上のほうに設置しております。
「フロー」本体価格1000円弱で、これだけ効果があればかなり使える商品です。
何といっても電気代ゼロ!

水量の少なめのポンプであれば、小型水槽に十分つかえますが、マキシジェットとフローを接続すると
器具自体の寸法が結構気になります。ので外部フィルターやOFからの吐水口とかに付けるのが現実的かなーと思います。接続用に4種類のゴム製ジョイントがついていました。サイズは測っていません。

水流の詳細はこんな感じです。
P-aさん、もうこれ買っとこ(^.^)


電気代ゼロでこの効果~!と思った人は
↓をクリックしてね
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

飼育用品 | 00:06:07 | トラックバック(0) | コメント(8)
さようなら、クーラーの熱気!
皆さんクーラーの排熱はどうしてますか?
 うちはクーラーをキャビネットの中に入れてるんですが、稼働時にキャビネットの扉を開けるとえげつない熱気です!!((+_+))
水槽の裏とか横からその熱気で吹き出してきて真夏には最悪の暑さになります。
そして、もちろんキャビネット内にサンプがあるので冷やしながら温めているような効率の悪さです。

水槽からの湿気もあるので、部屋は蒸し風呂のような状態になります。あれでは部屋の中で子供が熱中症になってしまいます。
そんな状態でもうちの奥さんは、「もったいない」とか言ってあんまり部屋のクーラーをつけません。
でもだいぶ我慢させていることは明白です。


私は、「これはなんとかしないと!家族の健康と電気代の危機や!」と思い、とうとう立ち上がりました
\(◎o◎)/!

がしかし、壁に穴あけてクーラーを外に出すのは却下されたので、あとはファンとの併用しかないかと考えていたのですが、ファンも湿気が多いと効きが悪いので、あまり意味無いかなーと渋っておりました。

で、考えた末、シンプルに排熱を部屋の外へ出せるようにダクトを作ることにしました。制作過程は簡単すぎて載せるほどでもないので簡略します。切って貼って塗って繋ぐだけ。

材料はダンボールです。クーラーの後ろの排熱部分をダンボールの箱で囲い、そこへ煙突みたいにダクトを取り付け、
排熱ダクト1


窓のとこまで排熱を誘導するだけ。

排熱ダクト2

右の壁の角から垂直にダクトを立ち上げ、同じくダンボールで作ったジョイントを接続、今度は水平方向の部屋用のクーラーのすぐ下にダクトを這わせ、これもジョイントに接続。
そして窓のとこで排気。
見えるとこだけ塗装したので、それほど違和感無いと思います(^v^)

こんな簡単なものでも、びっくりするくらい効果がありました!
でもまだクーラーが稼働すると、キャビネットの中は少し温くなるので、
排熱ダクト3

クーラーとダクトの接合部をスキマテープで塞ぎ、ロスがなるべく出ないようにしました。(^^♪

そうすると、クーラー稼働時、窓まで持って行った排気口からすんごい熱気が!
「ブォ~!」ってドライヤーみたいに(ちょっと言い過ぎ)熱風が出てます!いい感じ!
 ほんと~に、すごい熱気がここから排出出来ています!!考えてみればこの熱気がすべて部屋の中に放出してたんやから、これはえらいことです(+o+)
 うちの奥さんも「おー!ええやん」とちょっと満足のようすでした(^^♪

これは思ってたよりも大成功!!!!

たぶん塗装も含めて1000円かかってないです。
排熱にお困りの方、こんな方法いかがでしょうか(*^^)v


安上がりやんって思った方
↓をクリックしてね
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村






飼育用品 | 19:43:55 | トラックバック(0) | コメント(10)
魚の飛び出し防止のために。
我が家のイエローヘッドジョーフィッシュ(以下YHJ)ですが、とうとう意を決してメイン水槽へ放流します(^.^)
これに先立って前から困っていたYHJの飛び出し防止策、これを解決しないといけません。
お金をある程度かければ綺麗で簡単に水槽の上の面をガラスとかアクリで覆うことができます。
全部を覆うことができたら水の蒸発が少なくなるというメリットもある反面、光を反射してしまうというデメリットもあります。うちは150Wのブルー球なんで、これ以上暗くなるのは×なので、できれば水槽のフチだけをぐるっと覆いたいと考えていました。
それも、なんとか工夫して既製品と変わらないくらい綺麗で、安くできるものはないかと考えていました。

そんなことを考えていた時のこと、家族でスーパーに買い物に出かけました。
子供とお菓子コーナーでお菓子を選んでいるときに、私の眼に飛び込んできたのがお菓子とお菓子を仕切っている透明のL型の仕切り板でした\(◎o◎)/!
今まで気にもしたことないのに、この時は思わず2度見してしまいました!これがアンテナを張っている状態ということか!
「おー!これは!使える!大発見や~!!(@_@)」
でも、これはなんていう物なんかな?ブックスタンドの小さいヤツかな?いや違うな…

てことで、悩んだ末、色々調べて近くの店舗用の什器やら備品を扱っているお店へ行ってまいりました。
そしたら、ありましたよー!私が探していた物が(*^^)v



それが、これです!

陳列棚用スタンド


L型のガラス面に接する短辺が若干長い(水面より下になる)のでカットしましたが、水槽に載せるだけで安定します(^^♪
長辺は約10cmです。
長さがちょうど良いのが無かったのですが、これで40cmです。もっと探せばきっと60cmとか90cmとかあるかも知れません。
ちなみにこれは5枚1組で850円でした。

そして、見栄えそれなり、価格激安のYHJの飛び出し防止囲いができあがりました!(^^)!





じゃじゃーん!
飛び出し防止


隅っこのMJポンプのとこや、照明スタンドの足の部分はカットしました。あまり美しくできなかったので写真は奇麗に見えるとこだけ写してます(^^♪

このL型のやつはアクリではなくプラケースと同じような素材です。ちょっと加工に気を使います。
あんまりあせって切っていると、ピシっとヒビが入ってしまい心まで折れそうになります。

でも、これで水槽に沿って飛び出すようなケースの場合は十分役目を果たしてくれそうです。
軽い素材なんで、頭をぶつけて☆ってことも少ないかもです。

さーYHJをメインにいれるぞ!\(^o^)/


この案使えるって思った方
↓クリックしてねー!(^^)!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



飼育用品 | 19:18:01 | トラックバック(0) | コメント(12)
メタハラの球交換
タイトルを無視するわけではないのですが、先にこれ見てください~( ̄ロ ̄lll)

ハナヤサイ白化


あまりにも突然でした!先日のこと、朝は全然何とも無かったのに、仕事から帰って来たら見事にハナヤサイサンゴ白化(゜ロ゜)
なぜ!?この前に硝酸塩ゼロとか言って調子に乗ったからバチがあたった?
さてはまたクイーンちゃんが食べた!
これ以上広がらないことを祈ってます(-o-)

しかし、このハナヤサイサンゴ最初はピンクだったのにやはりだんだん茶色に向かっているようです。
今はまだ完全に茶色ではなく紫っぽいので「むらちゃき色」です。

このサンゴは、やはり150Wブルー球では光量が足りていないのだと思います。
メタハラ直下に置いたスギノキspのブルー系のミドリイシも色が落ちてきているようです(*_*)
それに最近、気のせいかメタハラが暗く見えるんです。

よくよく考えてみるとうちのADAソーラーⅠのメタハラ、1日に11.5時間も点灯してたんです。これってほぼ半日ですね!1日8時間と比べたら、電気料金えらい違いなんでしょうね-!
こりゃ早速タイマーのセットを変更しなきゃダメです。


で、総点灯時間を計算してみると現在までおよそ5350時間使ってることになります。ADAのHPには5000時間が交換の目安ということだったので、SPSのためでもあるし、思い切って球を交換することにしました。
でも悩んだのが球の色。ブルー球だとどうしても暗めだし、その次にあるケルビン値の高い球は10000K。ブルー球と10000Kの間くらいのが理想なんだけどなー。
でも、今は明るさを求めているので、思い切って10000Kの球にしました!SHOPでこれはどうなん?って聞いたら誰も海水でソーラーⅠの10000Kは使った経験が無かった…。演色効果は必ず落ちるだろうし、買ってしまったものの不安だな。

でも、まあなんとかなるでしょー。ということで早速初めての交換作業です。
まずは吊っているメタハラを下ろします。

ソーラーⅠ

右下にあるのが新しい球なんですが、箱入りのが無くて、こんな袋入りの球だったので少し安くしてくれました!ラッキー!中身一緒ならなんでもOK(^-^)

そして、蓋をはずします。

ソーラーⅠ蓋

ガラスの周囲だけが外れるのかと思いきや全体がゴソっと取れました。
そして球を外します。

ソーラーⅠ交換

取る時も入れる時も持つところはここでいいのかな?なんか本体を素手で持ったら寿命が短くなるようなことを聞いたけど。新しい球の装着は一応手をキレイに洗ってからにしました。
球の出し入れは、蛍光灯と同じ要領で、片側にぐっと押すとバネのようになっていて押し込めます。それで反対側から外れて抜き取ることが出来ました(^o^)

ここで、古い球は新しいのに比べて目で見て分かるのか並べて見ました。蛍光灯みたいに黒ずんできた時が換え時ってわかれば便利だと思って。
で、これがその新旧の球↓

球の新旧比較

下が古い球で、上が新しいやつです。明らかに古いのは黒ずんでいますね。
でも、メタハラの交換って初めてなので、これが劣化による黒ずみなのか、個体差で元々黒っぽいのか、ブルー球と10000Kの差なのか判断できませんね。せっかく写真撮ったけど意味無かった(>_<)
でもまあ、来年また交換する時の目安にはなるかなーと思って記事にしておきます(^o^)

さて、気になる照度の差ですが、今日は夜も遅いので、明日にならないとメタハラは点灯しません。
ですので、次回球交換のビフォーアフターやりますね(*^▽^*)b


気になるあなたは↓クリックしてお待ちくだされ~(≧▽≦ )
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

飼育用品 | 01:20:34 | トラックバック(0) | コメント(12)
前のページ 次のページ